2018年3月にはWiMAX回線が終了する?!

2018年3月にWiMAX回線は終了し、WiMAX 2+に完全移行する」と、まことしやかに噂されています。
その情報源と言うのが、UQコミュニケーションズが総務省に提出した、WiMAXの移行スケジュールが元になっています。



そのWiMAXの移行スケジュールを元に、もう少し詳しく説明をします。



UQコミュニケーションズが使用出来る50MHzある周波数帯のうち、30MHzをWiMAX、20MHzをWiMAX 2+に割り当てているのが現状です。



WiMAXの移行スケジュール:現状



ですが、2015年9月末までにはWiMAXの周波数帯は10MHzまでに縮小し、WiMAX 2+の周波数帯を40MHzにまで拡大する事となっています。



WiMAXの移行スケジュール:2015年9月30日



そして更に、2018年3月末にはWiMAXが完全に停波し、50MHz全てをWiMAX 2+に割り当てると言う計画になっているのです。



WiMAXの移行スケジュール:2018年4月



とは言え、これは公式発表されているものではありませんし、あくまでも計画でしかありません。
ですから、決定事項とまでは言えない点は理解しておく必要があります。

実際にUQコミュニケーションズに問い合わせてみると・・・

実際、UQコミュニケーションズのオペレーターに、WiMAXが2018年に停波するかどうかを問い合わせてみました。



すると、意外や意外、「そのような話は現段階ではございません。」と言う答えが返って来ました。
それは、マニュアル通りと言った受け答えでは無くて、青天の霹靂と言った感じの、驚き混じりの返事でした。



オペレーターに問い合わせてみた



「WiMAXが停波する場合は公式サイトで発表しますし、そのような話は出ておりません。」との事でしたので、2018年にWiMAXが終了すると言うのは、UQコミュニケーションズの社内では決定事項とはなっていない様子でした。



ひょっとすると、インターネット上でユーザーが、勝手に不安がって騒ぎ立てている・・・と言ったような状態になっているのが現状なのかもしれません。

WiMAXの契約が出来なくなって来ている!?

オペレーターの対応を見ていると、2018年にWiMAXが終了するのかどうか、まだ決定事項では無いのかなと言った印象を受けます。



ただ、WiMAXの市場を見ていると、各プロバイダーでは、WiMAXのキャンペーン受付を徐々に終了させている傾向が見て取れます。
その代わりに、WiMAX 2+のキャンペーンに各プロバイダーでは力を入れて行っています。



プロバイダーのキャンペーンはこちら▼
Broad WiMAX



ですから、必然的に、WiMAXユーザーの数は減少して行く一方でしょう。
そして、ユーザーのWiMAX 2+への移行が進んで行きます。



WiMAX回線しか使用出来ない契約を行っているユーザーが一人でも残っている限り、UQコミュニケーションズはWiMAXの回線を終了させる事が出来ません。
一方で、現行のWiMAX 2+に対応した機種がWiMAXユーザー全員に浸透すれば、いつでもWiMAX回線を終了させる事は出来る訳です。



そして、現状を考えると、徐々にそちらの方向へと移行している状態が見て取れます。
そう考えると、2018年にWiMAXが終了すると言う噂は、あながち嘘では無いのかなとも思えて来ます。

WiMAXが終了するとどうなる?

WiMAXが終了するのかどうか、公式サイトではまだ、情報がありません。
ですが、もし、本当にWiMAXが終了してしまう場合、速度制限無しと言う回線が無くなってしまいます。



そうなると、3日間の総通信量が1GB未満で、かつ、1ヶ月の総通信量が7GBまでに収まるように注意しながら、インターネットを行わなければならなくなってしまいます。(より)
WiMAXの強みは速度制限が無いと言う点で、そこを一番の強みに、これまで集客を行って来ました。



WiMAXは速度制限無し!



ですから、もし、WiMAXが終了するのだとしたら、WiMAX 2+の速度制限を緩和するような措置が講じられる可能性はあります。
とは言え、まだ公式発表はありませんので、推測でしかありませんが・・・。



今現在でも、WiMAX 2+は、契約から2年間だけ速度制限を免除する措置を行っています。
2年が経過した後はどうなるのかと言う点に関しては、実は、まだ未定です。



と言うのも、WiMAX 2+の契約から2年間の期間を満了したユーザーは、現段階では皆無の状態だからです。
その頃になれば、UQコミュニケーションズが今後WiMAX 2+の速度制限をどう扱うか、その姿勢が見えて来るでしょう。

auのスマホユーザーは今後も安泰!?

WiMAX 2+の契約の中には、UQ Flatツープラス auスマホ割と言う契約があります。
これは何かと言うと、auのスマートフォンをお持ちで、定額制に入っている方に限り、auスマホの使用料金が値引きされると言うものです。



そして更に、WiMAX 2+の月間7GB超えの速度制限が免除されます。
これは、au スマートバリュー mineの契約期間中であれば、ずっと免除され続けます。



auスマホ割



ただし、3日間で1GB超えと言う速度制限は免除されませんので、注意しましょう。

WiMAXの買い替え時期と割り切る

WiMAX 2+の契約は、2年間契約です。
契約の解約手続きを行わない限り自動的に契約が更新され、更に2年間の契約が結ばれます。



契約の自動更新



ですから、契約の自動更新が行われる前に、一度解約をしてしまうと言うのも一つの方法です。
そして、新たにWiMAX 2+の契約をし直します。



すると、再びWiMAX 2+の速度制限免除が2年間行われるようになります。



手続きが面倒ではありますが、最新のWiMAX端末を安く買い換える事も出来ますし、そう言った点でもメリットがあります。



その際、同じプロバイダーでも良いですが、キャンペーンを比較してみて、一番お得なプロバイダーに乗り換えると言うのも良いかもしれません。



お得なプロバイダーはこちら▼
Broad WiMAX