WiMAXには接続制限が無い?

WiMAXがこれだけ人気なのには理由があります。
それは、接続制限が無いと言う点です。



ADSLや光サービスなどにも接続制限がありませんが、モバイルルーターの場合は別です。
どこにいてもインターネットに接続出来ると言う特性があるので、モバイルルーターの場合、ついつい、過剰な通信が行われてしまいがち。
すると、回線全体が重くなってしまい、全ユーザーに悪影響が出てしまいます。



通信速度が遅い!?



そこで、モバイルルーターでは、ある程度の通信量を超えたユーザーを対象に接続制限をかける事で、回線がパンクするのを事前に防いでいます。
ですから、インターネットのヘビーユーザーにしてみれば、接続制限があるモバイルルーターに乗り換える事は出来無いのです。



ところが、前述した通り、WiMAXの場合は接続制限がありません。
ですから、インターネットのヘビーユーザーにしてみても、WiMAXに乗り換える事によるデメリットが無いのです。
実質、通信し放題ですし、持ち運びが出来ると言う事から、様々なユーザーから支持をされたと言う訳です。



WiMAXの詳細情報はここから▽
Broad WiMAX

WiMAX 2+には接続制限がある!?

WiMAXには接続制限がありませんが、注意が必要な点があります。
それは、WiMAX 2+やau 4G LTEには接続制限があると言う点です。(を参照)



これらの回線は通信速度が速いので、ついつい、頼ってしまいがち。
ですが、接続制限があるので、使い過ぎると、通信速度が128Kbpsに制限されてしまいます。
そうなると、現実、インターネットをするには辛いものがあります。





ですが、WiMAXには接続制限がありませんので、WiMAX 2+やau 4G LTEが接続制限対象になっても、WiMAXは普通に通信が行えます。
具体的には、通信モードをノーリミットモードに切り替えるだけで良いです。

1ヶ月間に7GB以上の通信で接続制限に!

接続制限がかかってしまう目安ですが、1ヶ月間にWiMAX 2+とau 4G LTEの合計通信量が7GBを超えてしまうと、接続制限がかかってしまいます。



接続制限がかかる



通信速度が制限されてしまう期間ですが、月末までずっと、通信速度が制限されたままになります。
一応、別途料金を支払う事で2GB分だけ接続制限が解除されますが、WiMAX回線は普通に使えますから、接続制限の解除に追加料金を支払うメリットは薄いです。



7GBと言われても、自分がどれだけ通信を行ったかなんて、いちいち把握していられませんよね?
でも、大丈夫です。
WiMAX端末には、通信量メーターが付いていますので、自分がどれだけ通信を行ったかは、リアルタイムで分かるのです。



HWD15

3日間に1GB以上の通信で接続制限に!

実はもう一つ、接続制限がかかってしまう原因があります。
3日間のWiMAX 2+とau 4G LTEの合計通信量が1GBを超えてしまうと、接続制限がかかってしまう事があります。



1GBで接続制限!?



この接続制限は、あなたがWiMAXを使用しているエリアの混雑状況に応じて実施されます。
逆に言えば、エリアが混雑していなければ、この接続制限は実施されません。



通信速度が制限されてしまう期間に関しては、翌日の1日間のみです。

接続制限が免除に!?

WiMAXを契約するプロバイダーによっては、WiMAX 2+に限り、2年間の接続制限の免除が実施される事があります。
免除対象となるのは、1ヶ月間に7GB以上の通信を行った場合の接続制限に対してのみです。



また、WiMAXの契約の際にauスマホ割のプランを選び、合わせて、auショップでau スマートバリューmineに申し込むと、3年目以降も、接続制限が免除になります。



au スマホ割

WiMAX 2+の接続制限も、神経質になる事は無い?

ご紹介しました通り、WiMAX 2+も2年間は接続制限が免除されます。
3日間に1GB以上の通信で接続制限がかけられる可能性はありますが、それは、エリアの混雑状況次第です。



WiMAXの契約期間は2年間ですから、2年越しに契約をし直せば、結局は、WiMAX 2+の接続制限もあまり考える必要はありません。
光サービス以上の通信速度が出せるWiMAX 2+。
大いに活用したいところですね。



通信速度が速いWiMAX 2+



もっと詳しい情報を知りたい方は、公式サイトを御覧下さい。



WiMAXの公式サイト▽
Broad WiMAX